トネリコの箱

最終更新日:2014/11/24

What's new

トネリコの箱とは

トネリコの箱とは、サークル「巫女パン!」のAngが趣味で描いている作品です。

魔法使いや魔女、吸血鬼やモンスターなどが登場するファンタジー系創作漫画で、北欧神話のラグナロクの後の世界を舞台にしています。

舞台紹介

■ラグナロク後の世界について

生活の一部に魔法が取りこまれた世界で、魔法学校や魔法科学の研究機関も存在している。
科学や魔法など色々な分野が協力し合ってエネルギー問題を解決しているのでとてもクリーンな世界。
魔法が使える世界線の為、この世界線では銃火器はほとんど使用されていない。

■女神に愛され、恩恵が約束された国「リサード」

小さな国で、国土の多くは森林や農業地の為、人口はあまり多くはない。隣国はリサードよりも遥かに大きな国で人口も多い。
小さな港を持ち、主に農作物を輸出したりしている。
農作物が特別有名な国で、他国では作れない、一年に一度「万病に効くといわれる特殊な農作物」も作っている。
他国とは違う特殊な宗教を持っている。
国土の森の一部に「迷いの森」が存在している。

ストーリー

第一話 初めての世界

魔女見習いのディルは、魔法の練習をしようとQちゃんと一緒に迷いの森の川へ向かう。
すると、そこには迷いの森に迷い込んでしまった男、シエルがいた。
ディルはシエルをおばあちゃんのいる家へと連れて行き、シエルを一晩泊めることにする。
レイヌはディルにシエルを送るついでに「おつかい」をお願いするがその「おつかい」とは…。
「おつかい」の帰り、謎の賞金稼ぎの襲撃に遭うシエルとディル。
シエルの正体が明らかに…

用語説明など

■迷いの森

リサードにある森の一部分が迷いの森になっている。
大昔はただの深い森だったが、いつからか迷いの森と呼ばれるようになった。
森の一部を意図的に迷いの森にしたという昔話もある。
迷いの森から出るには、日の出に出現する日の出星を発見しないと出られない。
日の出星は夜明けの明星のように天体の星ではなく、魔術的に創られた迷いの森にだけ存在する星で、発見をする事によって迷いの森から出ることができる。

キャラクター紹介 (※一話分まで)

ディル・オブシディアン

迷いの森に住んでいる魔法使い見習い。
川で魔法の練習をしようとした所、シエルと出会う。
Qちゃん

ディルの使い魔のような存在。
ディルの魔力が不安定な為、外見はかわいく見える。
レイヌ・オブシディアン

迷いの森に住んでいる魔女。
ディルにはおばあちゃんと呼ばれている。
ディルにおつかいを頼むが…
シエル・ヴァンライズ

考え事をしていたら迷いの森に迷い込んでしまった男。
迷いの森でディルと出会う。
ある事を隠している。
謎の賞金稼ぎ

シエルの前に現れた謎の賞金稼ぎ。
シエルの秘密を知っている。

イラストとかサンプルとか色々

ヘッダー用イラストのカットなし版(用途不明な壁紙風)

【一話のサンプルページ】 ※左→右

1  2 3 4

発行したものとか

 トネリコの箱 0

 2013年10月20日発行
 12Pコピ本(無料配布本)

 トネリコの箱の説明用に作った、無料配布本。
 この紹介ページと大体同じ内容。
 トネリコの箱 1

 2013年3月4日発行
濃度調整・加筆修正版
  44P本
 トネリコの箱「第一話 初めての世界」収録。
 トネリコの箱 1

 2012年11月18日発行
  42Pコピ本

 トネリコの箱「第一話 初めての世界」収録。

リンク